朝ごはんはお米でエネルギーを消費しよう

↓↓cute me公式はここから↓↓

CUTE ME300円で買えるよ

 

ダイエット中だから朝ご飯は食べない人や時間がなくて菓子パンとコーヒーなんて人も意外と多いかもしれません。
それでは代謝に必要なだけの体温が上がってはきません。

 

朝から十分に体温が上げるにはおすすめなのはごはん食です。

 

朝のからだが最優先で必要としている栄養素は糖質です。

 

ごはんのほうがぱんよりも糖質を多くとることができます。

 

そして糖質と一緒にとりたい栄養素はたんぱく質です。

 

たんぱく質はそれ自体に代謝するのにエネルギーをたっぷり使いますし、筋肉のもとになるもの。

 

お腹周りをすっきりさせるために必要な栄養素で、糖質とタンパク質と聞くと手の込んだ料理をつくらなければと思うかもしれません。
しかし、手軽に摂れる納豆ごはんや卵かけごはんで十分なのです。

 

注意したいのは脂質にとりすぎです。つ質が多くなるとカロリーが高くなるだけではなく体温の上がり方が抑えられてしまいます。

 

パンにはバターやベーコンをはじめ、サラダにかけるドレッシングなど脂質の多いものがよく合うのです。
脂質の摂り過ぎを抑えるためにごはん食をおすすめします。

 

どうしても朝はパン食がいいという菓子パンやクロワッサンなどの脂質の多いデニッシュ系は避けて食パンやフランスパンにに脂質の少ないおかずを添えてください

 

朝食にシリアルを食べる人も増えていますが、意外に脂質が多い商品があります。

 

購入するとき栄養成分表示を見比べて脂質が少ないものを選びましょう。

 

組み合わせる牛乳やヨーグルトは低脂肪や無脂肪のものにするのもよい方法です。

 

また砂糖を追加した甘いシリアルはさけること。

 

朝のからだは糖質を必要としていますが砂糖のように急激に糖質を上げる糖質は脂肪になりやすいだけではなく食後に眠たくなったり、だるくなったりすることもあります。

 

砂糖やシロップも添加してあるかどうかは原材料で確認することができます。

 

しっかりお米を朝から食べることしっかりと代謝を上げる燃焼エネルギーを摂ってCUTE ME(キュートミー)で脂質をしっかり吸収してもらいましょう。