CUTE MEと飲みたい体を冷やさないスムージー

↓↓cute me公式はここから↓↓

CUTE MEが81%OFFで買えるよ

 

CUTE MEは脂質や糖質をカットしてくれるサプリですが、今まで付いてしまった脂肪を燃焼してダイエットを加速していきましょう。

 

脂肪を燃焼して痩せるにはビタミンやミネラルが必須です。

 

それには手軽に摂れるスムージーがおススメなんですが、使っている野菜や果物によっては体を冷やしてしまうものもあります。

 

体が冷えてしまうと、人間の体は脂肪を貯めこもうとする性質があるので、ダイエットでは逆効果となります。

 

そこで、ビタミンやミネラルが簡単に摂れて、体を冷やさないスムージをご紹介します!

 

CUTE MEでカロリーカットをしていきながら脂肪燃焼を加速するスムージーを合わせて摂り無理なくスッキリ痩せましょう!

 

 

 

CUTE MEの3周年キャンペーン

↓ ↓ 1480円はこちらから ↓ ↓

体を冷やさないスムージー

体を冷やしてしまうか、冷やさないかはスムージーに使われている果実や野菜によります。

 

 

・冬の野菜や果物は体を冷やさない

 

・夏の野菜や南国で採れる果物は体を冷やす

 

 

南国で採れる果物は基本的に体を冷やします。

 

体を冷やさない為には、冬の野菜や果物を使うようにします。

 

<体を冷やさない野菜や果物>
・ニンジン
・りんご
・柿
・かぼちゃ
・しょうが
・大根
・ブロッコリー
・芋
・唐辛子
・にんにく
・ゴマ

 

などが、代表的です。

 

 

<体を冷やす野菜や果物>
・きゅうり
・マンゴー
・トマト
・瓜
・セロリ

 

美味しくて体を冷やさないスムージー

体を冷やさない美味しいスムージーをご紹介します。

 

 

 

★アップルジンジャースムージー

 

<材料>
リンゴ   1/2個
にんじん  1本
生姜    1片
はちみつ  大匙1

 

<作り方>
りんごは芯を取り除き、にんじんはヘタを取り除きます。
生姜はすりおろしておきます。
リンゴとにんじんは一口大に切っておき、全てミキサーにかけます。

 

 

生姜はリンゴやにんじんと組み合わせると目の疲れをいやしてくれます、
又、血行を良くして体を温めます。

 

 

 

★あずきスムージー

 

<材料>
ゆで小豆  1/2カップ
牛乳    150ml
はちみつ  少々
ゆずの皮  少々

 

<作り方>
材料を全部ミキサーにかけ、グラスについだらゆずの皮を浮かべます

 

 

あずきに多く含まれるビタミンB1は筋肉に糖質がたまるのを阻止し、肩こりなどを予防します。
牛乳に含まれるB2はエネルギー代謝を促す作用があり血行を良くします。

 

 

 

★かぼちゃアーモンドスムージー

 

<材料>
かぼちゃ  100g
アーモンド 大匙1
牛乳    100ml
はちみつ  少々

 

 

<作り方>
かぼちゃは皮をむき茹でておき、一口大に切ったら他の材料と合わせてミキサーにかける。

 

 

かぼちゃやアーモンドは血行を促進するビタミンEが多く含まれていて、体を温めます。

 

 

 

 

 

■冬には体ポカポカ ホットスムージがおススメ!

 

冬場にはホットスムージで体の芯からポカポカ温まりましょう。

 

 

★リンゴ、シナモンホットスムージー

 

<材料>
リンゴ  1/2個
生姜   少々
シナモンパウダー 少々
甘酒   150ml

 

 

<作り方>
生姜はすりおろしておき、リンゴは芯をとり一口大にしておきます、
材料全部をミキサーにかければ完成です。

 

 

甘酒と生姜でポカポカになれるホットスムージーです。
温める時は人肌くらいで止めておきます、酵素が壊れないようにするためです。

 

 

 

 

★バナナ小松菜ホットスムージー

 

<材料>
バナナ    1/2本
小松菜    1枚
りんご    1/4個
ヨーグルト  少々
生姜     少々
シナモン   少々

 

<作り方>
生姜は薄切りにして2,3切れ用意し、ミキサーにシナモン以外の材料をかけ
飲む前に軽く温め、シナモンをふります。

 

 

バナナは体を冷やす食べ物ですが、温める事でホットスムージーといただき
体を温めるりんご、生姜、シナモンをプラスして冷えを予防します。

 

 

 

★にんじんと甘酒のホットスムージー

 

<材料>
にんじん   1本
甘酒     250ml
生姜     少々

 

ニンジンは煮ておくか、レンジで柔らかくしておきます。
柔らかくなったにんじん、おろしておいた生姜をミキサーにかけます。

 

 

体の温まる甘酒、生姜を使いビタミンAが豊富なにんじんで体の芯から温まります。
寒い日でもポカポカですね。

体を冷やさないスムージーのポイント

暑い日には甘酒を冷やしてスムージーにしても良いですし、夏野菜や南国果物を使う場合は、生姜にスパイスなどからだを温める食材をプラスするのもよい方法です。

 

特に冬場は電子レンジで温めたりしてつくるホットスムージがいいですね!
体が温まり美味しいですから病みつきになりますよ(笑)。

 

 

しかし、
冷える野菜や南国果物のスムージーを朝食にする人も多いと思いますがからだを冷やさず栄養バランスをアップするためにも朝食をスムージーだけにすませないようにしましょう。

 

 

スムージーだけではエネルギーも栄養素も不足します。
炭水化物とタンパク質の食事にスムージーを添えることで栄養バランスはよくなります。
納豆ごはんやチーズトーストなど軽めの食事とスムージーを組み合わせるとよいでしょう。

 

 

毎日スムージーを手作りするのが大変なら朝ご飯は米+豆乳製品でカバーしましょう。

 

体が冷えると痩せづらくなる理由とは?!

体温が下がると人間は脂肪を貯めようとする傾向にありますが、それとは別に痩せにくい体質になってしまいます。

 

痩せにくい体質になるというのは、冷えた体が血液やリンパの流れを悪くし、老廃物、余分な水分の排出能力が下がってしまいます。

 

代謝が悪くなりますので、ダイエットには良い事がありませんね。

 

 

代謝が悪くなるのが進むとセルライトができたり、むくみが生じたりしますので体を温めて血行を良くし、代謝を下げないようにしましょう。

 

 

体を温める食べ物を摂る事や、軽い運動やウォーキングを行って新陳代謝を高めるてダイエットに拍車をかけましょう。